物部明子行政書士事務所

福岡県宗像市桜美台23番13号

Tel&Fax0940-72-4547

 

 

copyright© 2015 物部明子行政書士事務所 All Rights Reserved

遺言には

自筆証書遺言と公正証書遺言があります

どちらにもメリット・デメリットがあります

自筆証書遺言

 

メリット  1.好きな時に自由に書くことができる

       

      2.費用がかからない

 

      3.遺言内容を秘密にできる

デメリット 1.家庭裁判所の検認手続が必要なので、

        すぐに相続手続きを始めることができない

        (申立から検認まで通常1か月程度)

 

      2.形式不備のため遺言そのものが無効になる恐れがある

 

                  3.遺言者本人が全文自署しなければならない

 

                  4.遺言書の変造、偽造、紛失、隠匿、破棄の危険性がある

公正証書遺言

 

メリット  1.公証人が作成するため、法律に不安がある方でも有効な

        遺言ができる

 

      2.  裁判所の検認手続が不要

 

      3. 原本を公証役場が保管してくれるため、遺言書の変造、偽

         造、紛失、隠匿、破棄を防ぐことができる

 

      4. 字を書くことができなくても作成できる

 

デメリット 1.費用がかかる

 

      2.公証人、証人2名が必要となるため、他人に秘密にするこ

        とができない

 

      3.公証人との打合せ等が必要なため、好きな時に作成する

        ことができない

業務の流れ(公正証書遺言の場合)

① 電話またはメールによるお問い合わせ

 

② 面談でヒアリングと業務の説明後、ご納得いただけたら

  委任契約の締結

  見積書の提示&着手金のお支払 

 

③ 必要書類の収集

 

④ 遺言書の起案、お客様&公証役場との打ち合わせ

 

④ お客様とご一緒に公証役場へ

 

⑤ 書類の納品、費用の精算

料 金 案 内

相談料 5,000円/1時間

    (ご相談からご依頼になった場合は報酬に充当)

 

自筆証書遺言の起案及び作成 50,000円~

 

公正証書遺言の起案 80,000円~ 手数料・証人2名分の報酬が

                 別途必要です

 

証人の手配 1人10,000円

 

遺言書の作成指導 10,000円

ご相談だけでも受け付けております

お気軽にお電話ください

☎0940-72-4547(営業時間9時~17時)